薬学部大学・大学院

薬剤師に必要なものとして、最初の難関となるのが薬学部大学・大学院への入学です。これは国が定めていることであり、国が指定した薬学部常設の大学で6年間は学ぶ必要があります。薬の基礎知識はもちろん、応用知識までしっかり網羅しておくことが必要となります。実際に薬を調合するとは言っても、豊富な知識がなければできない仕事です。

薬剤師の場合は調剤も業務ですが、さらにそこから患者との関わりや薬の説明なども必要となるのです。それらの知識について総合的に、専門の大学で学ぶ必要があります。近年は薬剤師になるというハードルも下がってきたと言われているものの、それでもやはり医師と同様に大学に通うハードル自体が最初は高いです。そのため、まずはしっかりと勉強をする環境を整えていくことが必要となるでしょう。

自分の力を発揮するためには、基礎から応用まですべて網羅しておくことが必要です。ちなみに、薬学部大学・大学院への入学は、誰でも受験資格はあります。高校生などが挑戦することもあれば、社会人から挑戦する方もいます。そこは条件もそこまで厳しくないので、まずは学校入学を最初の進路として考えてみてください。そうすれば薬剤師への道が見えてきます。